ベルリン 観光 おすすめ

ベルリン案内日本語で!
ベルリン旅行か出張のとき、寂しくならないで!
日本語が話せる歌手とご一緒にベルリン観光しませんか?

一人旅。家族と。自分のペースで。
足の向くまま。気の向くまま。
こんな旅が好きですか?
ベルリンへの旅行・滞在に関することを、できる限りお手伝い致します。

ベルリンはドイツ連邦共和国の首都で、観光スポットであふれる都市です。人口はおおよそ350万人で、ドイツの北東部に位置します。ポーランドから70キロメートルしか離れていないので、ポーランドを訪れる旅行者にもお勧めです。ベルリンには、数多くの有名で美しい観光地があります。堂々たる国会議事堂、世界中で有名なブランデンブルク門、戦勝記念塔など、ベルリン歴史を物語る見どころも多いです。近代のベルリン歴史のなかで、重大な事件といえば、四つが挙げられます。まず、1871年にベルリンはドイツ帝国の首都になったことですね。次、1945年に赤軍に占拠されたこともベルリン史に多大な影響を与えたに相違ありません。最後に、ベルリン歴史の概要 に欠かせないできごとは1961年にある夏の夜に壁が築かれ、1989年に、28年が経ってきた東西ベルリンがようやく再びひとつの街になったことがあります。そして今、欧州連合が国境を失って、通貨も統一しようとしていますが、その中枢にあるベルリンはヨーロッパの旅行で必ず行くべきところだといわれています。

ドイツ歴史で、どのような出来事はベルリン壁の建設に至ったのでしょうか。第二次世界大戦後、ドイツは4カ国に共同に占領されていましたが、結局四つのに分割されました。アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の四カ国は平和などいつにしようとしていましたが、資本主義が行われたアメリカ、イギリス、フランスの占領地域と、社会主義を目指していた ソ連の占領地域で、紛争が始まりました。アメリカ、イギリスとフランスの三ヶ国が占領していたドイツの一部と、ソ連が占領していた地域が、違う方向へ発展をすることになって、ソ連はベルリンの東側で、他の三ヶ国はベルリンの西側を占領しました。しかし、東ベルリンから逃げようとする人、特に労働者が増えてきて、それを防ぐ為に1961年8月12日の夜、ベルリン壁が築かれました。ベルリン壁の設置準備には、誰も気付かなかったにもかかわらず、最終的にドイツ歴史上重大な出来事でした。こうして、28年間にわたってベルリンを二分していました。東ドイツでは、壁を乗り越えようとする人たちの命まで奪ってしまうシステムが確立していました。1989年に、28年が経ってかたベルリ ン壁が崩壊され、東西ベルリンがようやく再びひとつの街になりました。芸術家たちはコンクリートの壁をグラフィティーで装飾して、今でもそれらを鑑賞することができます。特にお勧めなのは、イースト・サイド・ギャラリーです。




ドイツの首都ベルリン観光といえば、シンボルとされているブランデンブルク門もそのひとつです。高さは26メートル、幅は65.5メートル、奥行きは11メートルで、砂岩でできている巨大な門です。ドイツのユーロ効果の裏側にも国民的無しんぼるとして載っていて、ベルリン観光地と聞けば、誰も思い浮かべる建築物でしょう。ナポレオンの時代で、ベルリンは13の門で囲まれていましたが、現在完全な状態で保たれているのはそのブランデンブルク門だけです 。ギリシャ・アクロポリス神殿へ至る門に倣って作られた古典主義様式の門です。1791年にカール・ラングハンスによって完成させられた。門の上には門の上には「クアドリガ」と呼ばれる四頭立ての馬車に乗った勝利の女神、ビクトリアの彫刻がある。ドイツは東西ドイツに分割され、ベルリンも東と西に分割されていた時代には、ブランデンブルク門はにあったため、「分断の象徴」とも言われていました。しかし、東西ドイツの統一で、門としての役割が果たせるようになったので、一夜にして、「分断の象徴」から、「ドイツ再統一の象徴」に、ひいては「自由と平和の象徴」になりました。

ベルリン観光地の中で、特に建築物に興味が深い方には、ライヒスターク(旧帝国会議事堂)も おすすめします。第二次世界大戦末期、ソ連分との激しい地上戦の舞台となって、長いあいだ、廃墟になっていましたが、統一後、ドイツ連邦議会の議場として復活されました。興味深いのが、ガラスのドームは、ナチス時代の反省から開かれた議会にしようというドイツ政府の意識を表しているといわれています。毎日数千人の見学者たちがここを訪れ、「正解の屋根」へ登ってベルリンの新建築が楽しめます。見学するには、早めに予約をしなければならないので、ご注意ください。
それに、ベルリンをお尋ねになる場合は、ティーガルテンにある戦勝記念塔も必ず訪れるべきベルリン観光地のひとつです。戦勝記念塔の上に立つのが黄金の女神像で、美しい夕方であれば、西日を浴びて女神はいっそう 輝きます。勝利の女神ヴィクトリアが、70メートルの高さからハンザ地区と新しい政府関係施設の数々を見守っているかのようです。このベルリン観光のシンボルのひとつは身長メートル、体重37トンです。金の大砲をあしらったこの記念碑はプロイセンが1864年から1871年間の戦争でおさめた数の勝利を記念して建てられました。頂上展望台から壮大なパノラマも楽しむことができます。




それに、ベルリンの多岐に渡る博物館や美術館もベルリン観光の大切な点です。ベルリン歴史を理解する為に、いくつかの博物館に行って、違う視点からみたドイツ歴史についての資料館を訪れるのがお勧めです。ベルリンには、ミッテの東側、シュプレー川中洲の一部に「博物館島」と呼ばれ る地区があって、そこに旧博物館、新博物館、旧ナショナルギャラリー、ペルガモン博物館、ボーデ美術館という代表的な博物館・美術館がまとまって建っています。将来には旧ナショナルギャラリーを除いて、4つの博物館は地下道で結ばれて、6000年に亘る人類の文化・芸術の歩みを一望のもとに概観できるようになるそうです。それ以外にも、ベルリン観光のお勧めの見所はチェックポイント・チャーリー資料館です。チェックポイント・チャーリーというのは第二次世界大戦の後の冷戦期にドイツ、ベルリンが東西に分断されていた時に、市内の東西境界線上に置かれていた国境検問所です。

一日の観光でお疲れになった方には、ドイツ料理を楽しみながら寛げる数多くのレストランとバ ーもお勧めします。ベルリン料理と言えば、カレー・ヴルストは一番人気で有名な食べ物です。焼いたソーセージ(ヴルスト)の上にケチャップとカレー粉をまぶした、単純な料理ですが、地物の人のみならず、外国人にも好まれるメニューです。