ユーロビジョン・ソング・コンテスト

ユーロビジョン・ソング・コンテストという音楽祭をご存知でしょうか?毎年行われた一番大きくて大人気のヨーロッパの国際ソングコンテストです。去年テレビの生放送を見た人数は204百万人を超えました。ヨーロッパの各国以外にトルコ、アゼルバイジャン、イスラエル、アルメニア、モロッコ、ジョージア州も参加し、さにに去年 (2016) オーストラリアも加わりました。中国ではユーロビジョン・ソング・コンテストが人気でテレビで放送されていますが、将来中国もコンテストに加わるかなぁー。

洋楽に興味関心があるならユーロビジョン・ソング・コンテストをおすすめします。典型的な洋楽ポップスビルボードよりある程度面白いだと思います。なぜかというと、ヨーロッパの流行歌の現代のトレンドを提示すれば、ヨーロッパの各国の文化の豊かさと多様性を描写します。多くの歌は国固有のワールドミュージックの要素があります。言葉は英語の歌詞の曲が多いですが国語の歌詞の曲も少なくないです。

音楽業界のトレンドだけではなくユーロビジョン・ソング・コンテストは欧州の社会変化、現代の一番大きい話題も映しています。例えば、同性愛者の権利はヨーロッパで大きな話題になった同時にコンテストに二回性転換者が勝ちました。2014年の優勝者のオーストリアを代表したドラァグクイーンのコンチータ・ヴルストという歌手の公演は特に興味深ったと思います。声は凄く美しいので是非お聴きください:

歌手は優勝すれば彼の国は次の年のコンテストの主催国になるという決まりです。去年ジャマラというウクライナの女性歌手は優勝しましたので今年のフェスティバルはウクライナで行われています。丁度今、今週行われます。5月9日と11日準決勝があって、明日(5月13日)決勝があります。

去年の優勝者は素晴らしいヴォーカリストなので彼女の歌も聴きましょう。曲の歌詞のテーマはウクライナとロシアの関係の悲劇的な歴史だったので曲はさらに大きな話題になりました。ジャマラのライブ公演を見ましょう:

この曲のオフィシャルヴィデオ:

次回決勝後にまた書きます。次のきじでは今年の優勝者と他の個人的に面白いと思うアーティストを紹介させていただきます

それではまた。

コメントを残す