ロンドン 観光 おすすめ

ロンドンはイギリスの首都で、700万人以上の人口の大都市です。都市圏になると、人口は1200万人まで上ります。外国人の多い国際都市で、50以上の民族と様々な文化が同時に存在している都市です。市内には500箇所の映画館、200箇所の美術館、数多くのコンサートホールもある文化都市とも呼ばれている。
一方、ヨーロッパで最大な証券市場があり、数え切れないほど海外企業もあり、経済が盛んな都市です。毎年3000万人以上の観光客がロンドンを訪れます。

ロンドン歴史の概要

2000 年前、テムズ川を抱く平地にローマ人が建てたロンディニウム(後で「ロンドン」)が生まれました。すぐ大切な貿易都市になりましたが、4 世紀からは衰退し、5 世紀の最初にはローマ人は撤退しました。9世紀になると、また数多くの人々はロンドンに住み始めて、イギリスで最大な都市になりましたが、首都と呼ばれるのは12世紀のごろでした。1666年に大火災が起こり、都市は火災による大規模な損害を受けました。数日間以内、1万以上の家と凡そ90の教会が全焼しました。18世紀には中世に建設された市壁と門も取り壊されて、都市の拡張に繋がりました。20世紀からロンドンは国際化し、世界有数の金融市場としての地位を確立した。

ロンドン建築

ロンドン地図を見れば、ロンドン大きく二つに分けられることが多いです。内部行政区にはカムデン、イーストエンド、グリニッジ、ハックニー、ハマース・アンド・フラム、ハムステッド、イズリントン、ランベス、サザークとルイシャム、ウォンズワースが含まれていて、外部行政区は西部、北部、東部、南部、リッチモンドとキューとウィンブルドンによく分けられます。イギリスの首都には長い歴史と古くからの文化があり、ロンドン観光地が街中に点在しています。イギリスのもっとも知られている観光スポットとも呼ばれる必見のところはロンドンアイです。ミレニアム記念事業によって、1999 年末に開業した大型観覧車です。135m の高さからロンドン市内を眺望できるので、必見としておすすめします。

ロンドン地図の中心にあるタワー・ブリッジ (Tower Bridge) はロンドン観光の象徴とも言えるでしょう。テムズ川に架かり、1894 年に完成させた跳開橋です。夜にはライトアップされて、大変綺麗な姿を観ることができるし、橋の上部は博物館になっているので、ロンドン観光地の大人気です。ロンドン案内といえば、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)も必見の観光スポットです。内部を見学することができませんが、衛兵の交替のときに写真撮影を楽しんでいる観光客がいつも多いです。しかし、エリザベス女王が長期不在の際に一般公開されることもありますので、早めにスケジュールを確認して、見学も可能です。次に、国会議事堂(ウェストミンスター宮殿・the Palace of Westminster)はロンドンの中心部テムズ川河畔にある宮殿です。英国議会が議事堂として使用していて、ビッグベンと呼ばれる時計塔で有名な建築物です。内部を見学できるガイドツアーが夏の間のみ開催されているので、おすすめします。ウェストミンスター宮殿とウェストミンスター寺院は世界遺産にも登録されています。ロンドン旅行の際におすすめできるところの中で、次にロンドン塔もロンドン観光の大切な観光スポットです。正式には「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれていて、ロンドン地図を見ればもっと東のほうに築かれた中世の城塞です。ロンドン塔も世界遺産に登録されていて、長年に亘って様々な役割を果たしてきました。王室の宮殿になったし、刑務所として使われたし、数奇な歴史を辿る建築物です。




ロンドン公園

ロンドンは市内中心部内でも、緑豊かな公園やオープンスペースがあふれているので、建築物だけではなく、天気のいい日にはゆっくり散策しながら街の景色を楽しむこともロンドン旅行のひとつのおすすめです。ロンドン地図の中部にあるハイド・パーク (Hyde Park)がロンドンに 8 つもある王立公園の 1 つです。ウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて緑豊かなところで、とても人気です。昔は修道院の荘園でしたが、その後貴族の狩場となっていて 17 世紀に公園として公開されました。なお、同じくらい広大なケンジントン・ガーデンズ(Kensington Gardens) とはロング・ウォーター湖、サーペンタイン湖という 2 つの湖を挟んで隣り合わせになっている。次に、キュー植物園とも呼ばれるキューガーデン(Royal Botanic Gardens, Kew)はロンドン地図を見れば、南西部にある王立植物園で、世界遺産に登録されています。宮殿併設の庭園として18世紀に始まり、今は世界でもっとも有名な植物園です。

ロンドン博物館

ロンドンには数多くの博物館や美術館が存在して、まるでヨーロッパのトップクラスの文化都市でもあるといっても過言ではないでしょう。しかも、世界都市の中で、ロンドンだけの博物館の大多数は入場料さえかからないので、訪れる観光客たちは負担なく「博物館めぐり」もできます。ロンドンの博物館の中で一番有名な見所といえば、大英博物館(British Museum)でしょう。世界最大の博物館のひとつで、古今東西の美術品や書籍など約15万点が常設展示されているので、ロンドン観光の中で必ず行きがいがあります。博物館で美術学生が模写やスケッチに励んでいる姿もよくみえますし、印象的なロンドン観光スポットです。最寄りの地下鉄駅はホルボーン駅です。一方、ロンドン美術館といえば、すぐナショナルギャラリーが思い浮かぶ方が多いと思います。1824 年に設立され、13 世紀半ばから 19 世紀までの作品 2,300 点以上を所蔵しています。イタリアやオランダ、ベルギーなどの西洋絵画が多く、時代を追って絵画が沢山収められています。次に、おすすめできるロンドン観光スポットはマダム・タッソー館(Madame Tussauds)です。マダム・タッソー館は、ロンドンにある蝋人形館で、ロンドン観光名所の一つです。1835 年に蝋人形彫刻家マリー・タッソーに創立されて、イギリス人の有名人、歴史上の重要人物、各国の政治家、芸能人からスポーツ選手などを精巧に再現して展示しているので、ロンドン観光の中でおすすめします。次におすすめできるのは、サロンドンのウスケンジントンにあるロンドン自然史博物館(Natural History Museum)です。ロンドン観光といえば、よく「動物園を凌ぐ迫力!」とされているロンドンで一番人気の博物館のひとつです。長蛇の列が絶えないにも関わらず、館内の名物の恐竜展示室は特に見応えがあるという声がよく聞こえます。自然史系博物館としてはイギリス最大だけではなく、世界でもトップクラスです。最寄り駅はロンドン地下鉄のサウス・ケンジントン駅で、入場料無料です。




ロンドンエンターテインメント
エンターテインメントの都とも呼ばれるロンドンには、シアターでやコンサートホール、オペラハウス、ミュージックシーンも非常に豊かです。ロンドンはロックやソウル、ジャズ、R&Bなどの音楽のクラブ・シーンを牽引する先端的な中心地ですから、博物館や公園巡りだけで満足できない方には、クラブ巡りもおすすめします。そういうロンドンミュージッククラブがが好きな人にとってはたまらない魅力を感じるでしょう。ロンドンミュージッククラブは各エリアに点在していますが、一番盛り上がっているところといえば、オールドストリートの周辺ではないでしょうか。音楽だけではなく、ファッションなどのサブカルチャーの発信地にもなっているので、興味のある方には訪れがいがあるに違いありません。それに、観光客の行きやすいソーホーにもライブハウスやクラブが点在していますから、その周辺もロンドンクラブをお楽しみになりたい方にはおすすめです。

ロンドン観光案内と英語通訳の提供

ロンドン旅行か出張のとき、寂しくならないで!一 緒にロンドン観光しませんか?

私は音楽業界でロンドン・日本・ポーラ ンドの文化の交流活動していて、イギリスにいらっしゃる日本人のかたにロンドン 案内とアシスタントもできると思います。 公式ガイドではありませんが、日本語も英語も話せるし、ロンドンの行き方 も知っている私に日本人のお客様に安心感を提供致します。「私について」という私の自己紹介のページをご覧ください。

旅行または出張の予定が決まったら、私はロンドンにいるかもしれませんが、 そうでなければ、お客様のためにロンドンまで行けます。飛行機でロンドンまでは 2 時間しかかからないし、安い便も多いですが、頭金として飛行機代が必要になりま す。