ユーロ圏に関する欧州委員会の最新の計画

欧州委員会は欧州連合のすべての国が2025年まで義務的にユーロ導入を求めて呼び掛けるようです。

それはドイツの人気の新聞「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」を発表しました。

今までユーロ圏に属する欧州連合の国は:ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、オランダ、ギリシャ、ポルトガル、アイルランド、キプロス、エストニア、スロバキア、スロベニア、フィンランド、ベルギー、マルタ、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク。ユーロ導入しなければならないのにまだ国の通貨を保つ国は:スウェーデン、ブルガリア、チェコ、ハンガリー、ポーランド、ルーマニア、クロアチアです。

スウェーデンの通貨:スウェーデン・クローナ

ブルガリアの通貨:レフ

チェコの通貨:スウェーデン・クローナ

ハンガリーの通貨:フォリント

ポーランドの通貨:ズウォティ(ズロチ、ゾロッチ)

ルーマニアの通貨:ルーマニア・レウ

クロアチアの通貨:クーナ

デンマークも自分の通貨がありますが、マーストリヒト条約に「オプトアウト」で、そして2000年9月28日の国民投票の否定的な結果の結果としてユーロ導入が必要がありません。しかし、すべての国が2025年までにユーロ導入という義務付ければどんな状況になりますか?ユーロが欲しくない国が多いし、フランス人などユーロ使用する社会でもユーロを辞めたい姿勢と傾向が強いです。それについて議論は今大きな話題になって続けて行きます。

この話題に関心ありますか?どのテーマについてもっと書けばいいですか是非教えてください。欧州の経済、政治に関心がありますか?もう一度私は日本人ではないと思い出させて、私の変な日本語をお許ください。

今後ともよろしくお願い致します。