外国人にも通じるヨーロッパの言語学習法

こんにちは。

先の記事では、ヨーロッパの言語を学習する際のカタカナを用いることの危険性についてお話ししました。今日は、新しい言語を学ぶに際しては、全くの最初から、最初の日から、日本語にはない新しい音が、学習する言語の中に含まれていないか、どのような方法で新しい音が表記されるかについて、自問することをお勧めしたいと思います。最初の日に新しい音を記憶にとどめ、その時からずっとそれを維持してください。決してカタカナでの発音表記をしないでください。

似たように、私も、日本語を学習するに際しては、最初のレッスンでひらがなを、その後漢字を知り、一度も日本の単語を表記するためにローマ字を使いませんでした。同じようなアプローチを心からお勧めいたします。新しい言語に日本語との類似性を探そうとしないでください。反対に、全く新しい何かを探すようにして、その違いに耳を澄ましてください。その違いを探して、誤りを犯すことを恐れないでください。

昨日の記事では、すべてのヨーロッパの言語の特徴的な点として、自立的な子音が登場すること、ときには子音の連続があること、よく日本人がやるようにそれに母音が加えるということがないのが非常に大切であることを、お話ししました。私は、カタカナで外国語を表記する結果、日本人はいつも「U」の音を付けてしまうということを考えています。独立した子音の発音を習得し、次に子音を2つ、子音を3つ母音の前につなげてヨーロッパの言語の発音を練習するようにヴィデオシリーズを撮影しているところです。近い内に紹介します。関心があれば、当ブログに是非登録してください。また、「ヨーロッパ言語」という注目キーワードをクリックして今までアップされたブログの内容を調べてください

ヨーロッパの言語の中の文字と音の90パーセントは同様ですが、言語には、その言語やその言語グループに独特のいくつかの文字と音があります。 Rの音についていえば、その中には原理的には3種類の音があります。それを一緒に練習しましょう(私のヴィデオと)。しかし大した意味はありません。ヨーロッパ人は、違ったバリエーションのRの発音を理解できます。Rの音とLの音を取り違えないことが大事です。

今日はここまでです。このテーマを続けましょう。

外国人である私の書く日本語が少し変だったら、そのときはごめんなさい。そのことも、予めご了解いただければ幸いです。
コメントは登録しなくても可能ですが皆様のご意見を期待しております。
それではまた。